国分寺市 聖火リレーのルート

2021年3月27日

国分寺市 聖火リレーの情報

国分寺市の聖火リレー概要

3/3に新しいコース「お鷹の道」が追加されました。

前半

開催日:2021.07.13(火)

出発予定時刻:11時02分

到着予定時刻:11時50分

ルート:国分寺市ひかりプラザ  → 西国分寺駅前 → 国分寺市役所新庁舎建設予定地

  国分寺市ひかりプラザ をスタートし、熊野神社通り・府中街道を経て西国分寺駅近くを通過し、国分寺市役所新庁舎建設予定地まで向かうルートです。

国分寺市ひかりプラザを起点としているのはひかりプラザに「ひかりスポーツセンター」という体育館やフィットネス施設が揃った複合施設があり、スポーツの祭典であるオリンピックの聖火リレーの起点として相応しいと考えたからと推察されます。

ゴールが国分寺市役所新庁舎建設予定地なのは、国分寺市の方々に場所を覚えてほしかったからなのでしょうか。ちなみに、コース案をIOCに許可受ける段階では国分寺市役所新庁舎建設が正式決定しておらず、当時は公式サイトで「泉町都有地」という名称になっていました。

後半

開催日:2021.07.13(火)

出発予定時刻:13時00分

到着予定時刻:13時06分

「お鷹の道」という江戸時代からある清流沿いの小径を通るルートです。6分の短いルートです。

ルートマップ

土屋礼央氏が走るかも

アカペラグループRAGFAIRの土屋礼央氏が7/14(火)に聖火ランナーとして走ることが発表されています。 土屋礼央氏 は国分寺市の観光大使として活動をしており、国分寺市を走る可能性が高いと予測されます。

ツイッター公認の方法により埋め込んでいます。投稿者と本サイトは関係ありません。

聖火リレーのリハーサル(※2020年に行われたリハーサル情報です。)

聖火リレーのリハーサル地のひとつとして国分寺市が選ばれました。

リハーサルは通常、本番のルートの一部分を使って行うのですが、今回はなぜか本番ルートに加えるかどうか検討中のルートで行われます。

「お鷹の道」という遊歩道です。

この道は江戸時代に国分寺市が将軍家の鷹狩場だったことにちなんでなずけられた道であることから、歴史を想起させる道という理由で選ばれたと推察されます。

リハーサルルート詳細

リハーサル開催日時:2/15(土) 14~15時

場所:お鷹の道

国分寺 聖火リレーリハーサルルート
青い線がリハーサルで使われたお鷹の道です。

豆知識:ベトナムのホストタウン

国分寺市はオリンピック・パラリンピックイベントにおいてベトナムのホストタウンとなりました。ベトナムのパラ水泳代表の直前合宿を行う予定だそうです。

参考文献

組織委員会の公式HP

東京都2020年1月10日発表報道資料

当サイトは公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会とは一切関係ありません。