八芳園の庭園

八芳園の庭園

友達の結婚式に参加するついでに八芳園の庭見てきました。
まず入ろうとすると、入り口の門が立派でした。

江戸時代の武家屋敷にこれから入るというワクワク感が生まれる門

続いて庭園を散策。滝がありました。

ちなみに、写真は撮らなかったのですがチャペルでは音大出身の方の聖歌の演奏と合唱がありました。

また、12月の土日に行ったのですが同時に5組以上の新郎新婦が庭園内を移動していてスタッフさんが鉢合わせさせないように忙しなく動いていたのが印象的でした。

八芳園の歴史

元々、武家屋敷だったところを日立グループの基盤を作ったといわれる久原 房之助が買取、周辺の土地を買って広げたのが始まりだそうです。

その後、戦争があり外国人旅行者向けの料亭になり、現在のように結婚式場としても利用されるようになったようです。