ペニンシュラ東京 アフタヌーンティー

ペニンシュラ東京 アフタヌーンティー

ペニンシュラ東京のアフタヌーンティーに行ってきました。

ペニンシュラ東京のアフタヌーンティーは1Fのロビーでやっているので高層階からの景色とかは見れませんが、壁に木をふんだんに使った温かみのある空間で食事を楽しむことができます。

今回は苺をテーマにしたストロベリーアフタヌーンティーでした。

食事メニュー

  • 卵とスモークサーモンのロールサンドイッチ、いくらのせ
  • ハムとチーズのクロックマダム
  • ツナときゅうりのサンドイッチ
  • フォアグラ ブリオッシュトースト ポートワインのジュレを添えて
  • フルーツトマトのカプレーゼ 真珠に見立てたバルサミコを添えて
  • パテ ド カンパーニュとレッドオニオンのピクルス
  • 自家製スコーン オリジナルクロテッドクリームとジャム

スイーツのメニュー

  • 苺とヘーゼルナッツ ジャンドゥーヤムースのタルト
  • ダックワーズ 苺のジャムとホイップクリーム
  • アーモンドケーキのガトーディグレ ストロベリーガナッシュ
  • ラ・フレーズ ストロベリークレミューとバニラのババロア
  • クレーム・ダンジュ 苺のコンポート メレンゲ添え
  • パルミエ パイのキャラメリゼ

スコーン

ふわふわのスコーンでした。

クリームとの相性がよく、美味しかったです。

パルミエ

源氏パイってパルミエをイメージして作られたお菓子らしいのですが、もはやパルミエを見ると源氏パイにしか見えなくなってしまいました。

チョコレートソースが用意されていて、ディップして食べました。

パテ

ババロア

サンドイッチ

クロックマダム

ダックワーズ

サンドイッチ

ガトーディグレ

飲み物について

紅茶・珈琲・ハーブティーが2時間飲み放題というのがペニンシュラのアフタヌーンティーの売りです。

紅茶はブレックファースト、アッサム、ダージリン、アールグレイといったポピュラーなものは網羅されています。

注意したいのは、紅茶でミルクやレモンティーにしたい場合は自分から主張しないとつけてくれないことです。店員さんが「ミルクかレモンお付けしましょうか?」なんて聞いてくれません。サービス料15%とられますが、気を聞かせて聞いてくれることはないので、ボーっとしているとストレートの紅茶が運ばれてきます。

ミルクティーorレモンティー好きの方は注意してください。

高層階からの景色を楽しみたい場合

一応、24階のバーでもティープランがあり、そちらですと高層階からの景色も楽しめますがあくまでバーなのでアルコールを飲まない場合はお勧めしません。

ペニンシュラ東京 ザ・ロビーの概要

住所:千代田区有楽町1-8-1 1F

電話:03-6270-2888
営業時間:11時半~21時

アクセス:JR有楽町駅徒歩2分、東京メトロ日比谷駅より徒歩1分